シニア世代に注目されているキャンピングカーの旅

最近、今までにないほどのアウトドアブームが来ています。その影には登山ブームがあります。その流れからアウトドアファッションの流行、女子達も積極的に参加するようになり、登山のみならずキャンプにも流行りが来ています。そして、若者のみならずシニア世代でも楽しむ人が増えています。特にこの世代から注目を浴びているのが、キャンピングカーによる自由な旅行です。キャンピングカーでの旅行のメリットは何と言っても、時間に縛られない気軽さでしょう。通常の宿泊施設は、チェックイン・アウト、食事の時間までほとんど決められています。連泊すれば宿泊代も高額になります。キャンピングカーなら、時間は自由に使え、寝泊まり、その土地で見つけた美味しい食材を自分たちでその場で調理も可能です。時間をたっぷり使うことのできるシニア世代ならではの旅が出来るのが人気の理由です。

キャンピングカーで自由気ままな旅が可能に

最近、キャンピングカーのイベントにとても多くの来場者が集まります。以前から人気はあったものの、ここ最近のアウトドアブームから、注目する人が増えています。アウトドアと言えば、若者、ファミリーのイメージが強いかもしれませんが、時間やお金に余裕のあるシニア世代こそ、このキャンピングカーによる自由気ままな旅に注目しています。長期の旅行にも最適です。宿泊はもちろん、電源が確保できれば、コンロや電子レンジなども使え、調理も出来ます。最近では、旅館や道の駅等で電源設備が使えるところも増え、不便になる事も少ないようです。時間に縛られないシニア世代ならではの旅が可能になります。また、大きさに抵抗がある人の為に、軽自動車をベースにしたものなど、ニーズに合わせたものを選ぶこともできますので、キャンピングカーでアウトドアの楽しみ方も広がりますよ。

キャンピングカーの自動車税

自動車を保有する時には自動車税の支払をする必要があります。普通自動車と軽自動車ではタイミングが異なるので、それによって売却する時期を考慮することもあるようです。自動車税の決まり方としては、通常は排気量によって決まるようになっています。1リットル以下であればいくら、6リットルを超えるといくらなどとなっています。その他にも自動車税が決まる要因があります。キャンピングカーの自動車税はどのように決められるでしょうか。普通自動車を改造した場合は普通自動車の排気量に準じます。軽自動車の場合も軽自動車の支払基準で決められます。その他にはバスを改造した大型のタイプがあります。このときには、改造前のバスの定員がどのようになっていたかによって変わります。定員が30人以下であればいくらなどになります。都道府県で微妙に金額は異なります。